フォーマルマナー

略喪服について

着用シーンについて

どのような場合に略喪服を着用しなければいけませんか?
通夜、三回忌以降の法事などで着用します。

男性の服装について

男性の服装は?
地味なダークスーツを着用します。シャツはレギュラーカラーの白無地で。黒またはダークグレーの無地のネクタイを結び下げにします。

女性の服装について

女性の服装は?

色は黒、ダークカラーで。ワンピース・スーツ・アンサンブルなどスタイルは自由です。流行を取り入れたデザインも OKですが、派手にならないようにします。

袖なしや襟ぐりの大きくあいているものは避けます。制約があまりない分、派手にならないように注意しましょう。付属のボタンやベルトは黒で統一します。
ストッキングは黒または肌色を着用します。

素材は?
無地か地味な紋織りに加え、無地感覚であれば柄物でも構いません。カジュアルにならないよう気をつけましょう。
バッグは?
光沢のあまりない、派手にならないものを選びます。
靴は?
黒。カジュアルなデザインを避けます。
アクセサリーは?

ネックレスやイヤリングは黒や白の真珠が一般的です。他に、黒曜石やオニキスでも良い。

一連タイプで首に沿うものを。黒珊瑚もOKです。二連、三連のネックレスは「不幸が重なる」と言われるので避けた方が無難です。

指輪は結婚指輪のみとします。

このページの先頭へ