フォーマルマナー

正喪服について

着用シーンについて

どのような場合に正喪服を着用しなければいけませんか?
公式の葬儀や一周忌までの法要などに、喪主・親族・近親者といった主な立場の方が着用します。

男性の服装について

男性の服装は?

黒のモーニングコートです。

ベストを着用する場合は、上衣と同素材の黒で、白襟は必ず取ります。ネクタイは黒無地で結び下げに。

シャツはレギュラーカラーの白無地を着用します。

女性の服装について

女性の服装は?

色は必ず黒です。ローブモンタントを原型とした、ワンピース・スーツ・アンサンブルで襟元のつまった長袖が基本です。

夏であれば 6〜7分丈でもOKです。スカート丈は、ひざが隠れる程度の長さから、アンクル(くるぶし)丈までです。
ストッキングは黒を着用します。

また、コートを着用する場合も黒となります。

素材は?
黒無地か地味な紋織りです。季節を問わず、透けるもの、光沢のあるものは避けます。
バッグは?
黒で目立つ飾りが少なく、光沢のない布製、または革製のもの。念珠やふくさが入る程度の大きさが好ましいです。
靴は?
黒で、光沢のないパンプス。サンダルやオープントゥタイプは避けます。
アクセサリーは?

ネックレスやイヤリングは黒や白の真珠が一般的です。他に、黒曜石やオニキスでも良い。

一連タイプで首に沿うものを。二連、三連のネックレスは「不幸が重なる」と言われるので避けた方が無難です。

指輪は結婚指輪のみとします。

帽子&手袋は?
帽子は宗教によりルールが異なりますので、注意が必要です。手袋をされる場合は必ず黒です。

このページの先頭へ