フォーマルマナー

葬儀・法要編 夏の装いについて

夏物とオールシーズン用の違いは何ですか?

素材面として、オールシーズンタイプのものは、比較的厚手の生地を使用します。それに対して夏物は薄手で程よい透け感のある生地を使用し、裏地も夏用の通気性や肌触りの良いものを使用しておりますので、涼しく着用していただけます。

デザイン面では、オールシーズンタイプのものは、基本的にアンサンブルやスーツでの販売が中心ですが、夏物は単品での取り扱いが中心ですので、ジャケットを着用しなくても、正装感のでるデザインを心がけております。

また、吸湿性の良いものや、洗えるもの、らくらくアーム(脇部分の空きが少し広くなっています)などといった、夏ならではの機能をそなえたタイプのご用意もあります。

詳しくは店頭でお尋ねください。

ブラックフォーマルになぜ夏物があるのですか?

夏物のブラックフォーマルは、日本の湿度の高い夏に対応できる様々な工夫がされております。オールシーズンタイプより、生地や裏地が薄く肌触りを良くしています。

最近の葬儀場はエアコンが完備されておりますので、真夏にオールシーズンタイプを着用されてもあまり暑さを感じにくくなりました。個人宅やお寺などでの葬儀・法要の場合はエアコンの効き方にもよりますが、夏物をお召しいただいた方が涼しくご着用いただけます。

夏の場合、足元はどのようにしたら良いですか?
黒色のストッキングを着用します。フォーマルな場ですので、素足はお避けください。
黒色のパンプスが最も正式ですが、一般参列者などの立場であれば、バックバンドのシューズでも差し支えありません。ヒールの高さは3〜7cmで、ピンヒールはお避け下さい。
ハンカチはどのような物が良いですか?
ハンカチは、黒か白の無地のものをお使い下さい。無い場合は、地味なものをお選び下さい。
半袖を着用しても良いですか?
喪主の方の場合は長袖が原則ですが、六〜七分丈でも良いです。参列される方は、五分丈より長いものを着用します。
半袖タイプのデザインも一部ございますが、上着を着用される方がより正式です。

このページの先頭へ