フォーマルマナー

結婚式編 服装について

結婚式での服装について

平服指定の場合

Tシャツにジーパン、ブラウスにミニスカートのような普段着を指しているものではありません。
結婚式の場合はワンピース・スーツなどをお召しいただきコサージュや結婚式で利用するようなバックやアクセサリーを 会場へお持ちいただき、最終的に会場の雰囲気で使用するかをお決めいただく方法もございます。
紺や黒のダークスーツ・オフィシャルスーツを着用される場合にはインナーを少し明るめの色でデザイン性のあるものを 組み合わせてください。
主催者や参列者に相談されたり、会場の雰囲気に合わせられるのをおすすめします。

喪服をお祝い用に着用してもいいですか?

喪服としてお作りしているものは素材やデザインが喪服向けです。
線香の香りがする場合もあります。
もし着用されるとしたら…

・元々喪服用にデザインした商品ですので、上下そのまま着用されますと周りの方にも喪服であることが分かりますので どちらか片方を別の素材のものと組み合わせてください。
・卒業式などで着用される場合はネックレスやコサージュなどのアクセサリーで華やかな雰囲気にしてください。
・ワンピースだけの着用もできます。

但し土地柄や周りの方々の意見もありますので、ご親族の方等にご相談されることをおすすめします。

息子(娘)の結婚式に、母親は何を着れば良いですか?
一般的な式場・ホテルの場合

フォーマルウェアは、まず昼と夜の着分けが必要です。(昼と夜の境は16時くらいが目安)そして、その方の立場やセレモニーの規模等によって 正礼装・準礼装・略礼装という格式の区分けがあります。

お母様は新郎新婦と最も近い立場の親族ですので、結婚式場やホテルでのお式であれば正礼装で参列されることをお勧めします。

洋装の正礼装は、昼間は「アフタヌーンドレス」、 夜は「イブニングドレス」です。どちらも、母親という立場ですので、 華美にならないように注意しましょう。

和装の正礼装は、五つ紋の黒留袖です。

また、両家のお母様の服装は格式を合わせる事が必要ですので、事前に打合せをされることをお勧めします。 また、女性の服装は男性に準ずるのが慣わしです。

  1. 両家のお母様
    例)新朗の母が黒留袖→新婦の母も黒留袖、または正礼装の洋装
  2. ご主人様
    例)ご主人様がモーニング(男性の昼の正礼装)→黒留袖かアフタヌーンドレス
叔母として結婚式に出席します。どんな服装が良いですか?

新郎新婦と近い立場の親族ですので、結婚式場やホテルでのお式であれば、正礼装をお勧めします。

洋装の正礼装は、昼間は「アフタヌーンドレス」、 夜は「イブニングドレス」です。 和装の正礼装は、五つ紋の黒留袖です。

ただし、土地柄やお家ごとの考え方もあると思いますので、 新郎新婦の母親であるご姉妹とは事前に打合せされることをお勧めします。

結婚式に参列する時は、ジャケットを着ないといけないのですか?

結婚式が行われるチャペル等は神聖な場所ですので、肌の露出の多い服装はふさわしくありません。

袖なしのドレスを着用する場合は、ジャケットやボレロのように、しっかりと肩を覆えるものを着用されることをお勧めします。 披露宴はショールでも構いません。

友人の結婚式に参列します。白色の服は着てはいけないと聞いたのですが?

白色は花嫁の色ですので、白一色になるコーディネートはお避け下さい。

たとえば色物ドレスと白のボレロ・ジャケット、であれば問題ありません。お式の形式や雰囲気は様々ですので、 他に出席されるご友人がいらっしゃれば事前にご相談されることをお勧めします。

また、黒のお洋服をお召しになる場合も注意が必要です。黒一色だと喪の装いに見えてしまいますので、 アクセサリーを華やかなものにしたり、黒でも光沢のある素材を選ぶことをお勧めします。

友人の結婚式に、ロング丈のふんわり広がったデザインのドレスを着て良いですか?

スカート部分がふんわり広がったドレスは、とても華やかな印象になりますが、主役である花嫁より目立ってしまう可能性があります。

広がりの程度にもよりますが、下にパニエをはくタイプはかなり大きく広がるのでお勧めできません。

このタイプのドレスは、楽器演奏の発表会などでお召しになることをお勧めします。

子供には何を着せれば良いですか?

制服があれば、制服が正装になります。ただし靴は派手な色のスニーカーを避け、地味な色の靴を用意してあげてください。

制服がない場合は、女の子はお出かけ着にコサージュやアクセサリーをあしらったり、髪型をパーティスタイルにアレンジすれば、 華やいだ感じになります。
男の子なら、ブレザーにズボン、黒や茶の革靴、ネクタイか蝶ネクタイが良いでしょう。あくまでも、子供らしさを大切にした装いをお勧めします。

息子(娘)が教会で挙式します。帽子をかぶって参列しても良いですか?

つばの狭い帽子か、つばの無い小ぶりの帽子をご利用ください。

教会内ではもちろん、レストラン等での食事中もかぶったままでも構いませんが、日本ではあまり一般的ではありませんので、 周りの方に合わせる配慮も必要です。

特に日本間に入る場合は、帽子が不似合いに見えてしまいますので脱ぐことをお勧めします。帽子はかぶってもかぶらなくても失礼には当たりません。
つばの広い帽子をかぶって良いのは、ガーデンウェディングのような屋外で行われるパーティの時です。
補足)手袋を着用される場合は、指まで覆っているタイプの手袋は食事の時ははずすようにしましょう

結婚式・披露宴の服装に、毛皮(ファー)はふさわしくないのですか?

最近はファーつきのショールやボレロを結婚式に着用する方が多いようです。雑誌でも、結婚式のゲスト用にファーを取り入れた コーディネートが紹介されています。フェイクファーや「毛のみ」であれば問題ありません。

しかし、年配の方の中には、毛皮=殺生を連想させるとして、ふさわしくないと考える方もいらっしゃるようです。結婚式には 、年配の親族も出席されます。

格式ばらないカジュアルな感じの式や、仲間うちで集う二次会のような席であれば問題ないと思いますが、そうでない場合は、 念のため二次会までファーはとっておくか、式の雰囲気がどのような感じになりそうか相談できる人がいれば聞いてみましょう。

アニマル柄や爬虫類の革は絶対に避けましょう。

このページの先頭へ