フォーマルマナー

昼の正礼装について

着用シーンについて

どのような場合に昼の正礼装を着用しなければいけませんか?

昼間の公式行事や格調高い結婚式や披露宴、記念式典、卒業式などの装い。

また、格式あるホテル等での着席式パーティーなどあらたまった席での装いです。和装での留袖や振袖に相当する装いです。

男性の服装について

男性の服装は?

黒またはグレーのモーニングコートです。黒を着用し、共生地の黒ベストを着用する場合は、白襟をつけます。

ネクタイは、白黒の縞柄かシルバーグレーの結び下げで。アスコットタイの場合は必ずウィングカラーで。シャツは白無地のレギュラーカラーかウィングカラーを着用します。

女性の服装について

女性の服装は?

アフタヌーンドレス等といわれ、ワンピースが正式ですが、スーツ・アンサンブルでもOK。衿元がつまったデザインで長袖が基本です。

(七分丈まではOKとされます)スカート丈はひざが隠れる程度の長さからロング丈までですが、長めの方がよりフォーマル度が高くなります。全体的に肌の露出が少ないのが特徴です。

関連商品を見る

ハーディ・エイミスのカラーフォーマルです。アフタヌーンドレスの一例です。

服の色は?
出席する会にもよりますが、慶びの席では綺麗な色めで華やかに装いましょう。
素材は?

特に制約はありませんが、目立つラメ使いやスパンコール等光りすぎる素材でなければ差し支えありません。

また、柄は紋織りなど無地ライクなものを。正礼装としては、プリントは控えてください。ケミカルなど上品でレースは正礼装にふさわしく映えます。ただし、光沢がきつすぎるものは昼の装いにふさわしくありません。

バッグは?

基本は光りを抑えたサテンやレース等の布製、または革製の小さめのもの。シンプルなデザインが好ましいですが、ポイントにパール使いや小さめのラインストーン程度なら差し支えないでしょう。

バッグをドレスと共布、あるいは靴とお揃いにすると、正礼装にふさわしい装いになります。

靴は?
バッグと同様に正式には光りを抑えた布製か皮製のもので、プレーンなパンプスタイプが基本です。
また、洋服に合えば、ローヒールやオープンタイプのシンプルなパンプスでも差し支えないでしょう。
アクセサリーは?

昼間は光りを抑えたものが基本になりますので、上品なパール使いのアクセサリーやゴールド使いのアクセサリーがおすすめです。

お昼の装いとしては、コサージュは花を添える意味で結婚式等、華やかな席に最適です。

時計は?
フォーマルな装いにはあまりふさわしくありませんが、アクセサリー感覚のものであれば差し支えないでしょう。ただし、あまり光り輝くものは控えましょう。
帽子&手袋は?

帽子、手袋は特になくても差し支えありませんが、帽子を身につける場合には手袋を必ずお持ちください。手袋の色は白、またはドレスより少し淡めの色で揃える事が基本です。

帽子は、室内ならつばのないデザイン、屋外にはつばのあるものを合わせて下さい。

このページの先頭へ