フォーマルマナー

昼の準・略礼装について

着用シーンについて

どのような場合に昼の準略礼装を着用しなければいけませんか?
昼間の一般的な結婚式や披露宴、祝賀会や卒業、入学等のセレモニーの席での装いになります。

男性の服装について

男性の服装は?
ディレクターズスーツやブラックスーツ、ダークスーツ等。略礼装としてはブレザー&スラックスでもOKです。

女性の服装について

女性の服装は?

ワンピース、アンサンブル、スーツ、上下単品の組み合わせ等。

お昼のセレモニーにタウンにも充分着こなせるスーツをお選びになる時は、席に合わせてアクセサリーで装いに変化をつけましょう。

服の色は?
制約はありませんが、ハレの日ですので色・素材とも地味にならないよう注意しましょう。
素材は?

正礼装ほど形式にこだわる必要はありません。シルキータイプのほか、ファンシーツィードなどでもよろしいでしょう。

柄についても、無地の他、プリントであっても差し支えないでしょう。 ただし、大柄なプリント等、リゾートを思わせるようなものはTPOをよく考えて着こなして下さい。

また、ラメ入りの素材は、光りの強くないものや部分使いなどであれば差し支えないでしょう。

バッグは?
バッグは手提げタイプやショルダー等で中型位までの大きさで。流行の個性的なバッグを装いのアクセントとして持つ事もおしゃれです。
靴は?
靴は洋服とのバランスを見て、素材や色のコンビネーションのものも良いでしょう。
アクセサリーは?
パールの他、ビーズ、メタルチェーン等、洋服と合わせて流行のものをコーディネートするのも良いでしょう。大ぶりで派手なものでなければ、カットガラスやラインストーンも差し支えありません。
帽子&手袋は?
特につける必要はありませんが、手袋は添えるだけでフォーマル度が上がります。

このページの先頭へ