フォーマルマナー

慶びの日の装い

フォーマルウェアの着分けは?
まず昼と夜の着分けが必要になります。それからその方の立場や出席するセレモニーの規模等によって正・準・略礼装という3つの区分があります。
昼と夜の区切りは?

決まった区切りはありませんが、おおよそ4時を目安に、それ以降に出席する場合は夜の装いで。

または、始まりの時や終わる頃が暗くなっていれば夜の装いと考えてもいいでしょう。

ドレスコードとは何ですか?

招待状に記載されている場合は従います。

「ホワイトタイ」と書かれている場合は最も格調の高い式典となり、男性は燕尾服、女性はイブニングドレス(ローブデコルテ)で。「ブラックタイ」と書かれている場合は、男性はタキシード、女性はイブニングドレスになります。

また「平服」の指定の場合は、略礼装になります。

このページの先頭へ