フォーマルマナー

夜の準・略礼装について

着用シーンについて

どのような場合に夜の準略礼装を着用しなければいけませんか?
親しい方の集まりで行う結婚式、披露宴、祝賀会など。また、ビュッフェスタイルのパーティー等での装い。

男性の服装について

男性の服装は?
ファンシータキシードやカクテルスーツを含む、色目を感じさせるコーディネート。

女性の服装について

女性の服装は?

イブニングドレスの丈を短くしたものやアクセサリーで、ドレスアップしたワンピースやスーツスタイル。

「平服でお越しください」と指定があれば、略礼装で。普段着という意味ではないのでお間違いなく。

夜の準略礼装としてタウン感覚の洋服を選ばれる時は、光る素材のアクセサリー(ネックレス、バッグ、ショール等)を身につけるなどして、フォーマル度をプラスすることが必要です。
タウン感覚のスーツの場合は、少しラメが入った素材が夜の装いには好ましいでしょう。

インナーには、大胆なレースや光沢のあるもの等がよく映えるでしょう。

服の色&素材は?
光沢感や透け感のある素材が夜の装いにはふさわしく、より映えるでしょう。もちろん流行を取り入れて着こなしを楽しむこともパーティーならではのこと。
バッグ&靴は?

洋服に合わせて比較的自由に色やデザインを決める事ができます。ラインストーンやリボン等、アクセントのあるものも OK。

素材についても特に制約はありませんが、夜のパーティーではエナメルやサテン等光沢のある華やかなものが素敵です。

ビュッフェスタイル等では両手が自由になるようにバッグは手にかけられるタイプかショルダータイプの物がおすすめです

アクセサリーは?

準・略礼装といってもフォーマルな装いに、アクセサリーは欠かせません。照明に映える輝きのあるものであれば特に制約はありませんが、ここではゴージャスにというよりも流行をうまく取り入れてアクセサリーの装いを楽しみましょう。

二の腕や肌の露出が気になる方には、ショールやストールが最適。
ドレッシーに装うのであればラメニットやシフォン等柔らかい素材のもので肩に羽織り、胸元で結んでしまうよりも、肩から軽く腕に掛けて動きを出すのも良いでしょう。

シンプルなワンピースに光沢のあるラメのニットショールを合わせて少し光るネックレスを添えるだけで充分、夜の装いになります。

こんな装いならアンサンブル等で会場に向かい、着いてから簡単にドレスアップが可能です。
ビーズのアクセサリーは昼・夜の装いに通用します。

このページの先頭へ