企業情報

社長メッセージ

愛と感動で女性を美しく

ラブリークイーンの歴史は戦後間もない昭和22年 岐阜駅前の問屋町の中で創業者 井上義明・紀江が立ち上げた丸紀井上商店からスタートしています。

戦後の荒波の中、多くの女性に美しくなる為の洋服を届けたい。そんな思いでの創業でした。その後、昭和39年にラブリークイーンとなり、時代の成長と共に事業も大きくなりました。しかし、創業からのお客様の為、すべての女性の為の精神は変わることなく代々引き継がれています。

写真:代表取締役社長 井上真典

我社の「愛」とは相手に関心を持つ事。マザーテレサは言いました。愛の反対は憎しみではなく無関心。だから、我社の「愛」とは関心を持つ事。

我社の「感動」とは相手の期待を上回る事を実行する事。相手の期待を超えるお客様に感動頂ける仕事をする事と定義しています。全てのお客様に対し、関心を持ち、そのお客様の期待を上回る仕事をし、美しさに喜びを感じて頂く。

全社員で一丸となり、一人でも多くのお客様に美による喜びを提供できる事業をこれからも展開してゆきます。

<全ての客様への感謝と応援頂けるすべての事業者様への感謝を込めて。>

ラブリークイーン株式会社 代表取締役 井上 真典

このページの先頭へ