始まりは1本のしつけ糸から・・・

HOME > ファスルーはなぜ生まれたの






始まりは1本の仕付け糸からでした。

shitukeito.jpg

SS033_L.jpg



この商品の開発者 橋本三枝子は愛と感動と行動力にとんだラブリークィーンを象徴するようなファッションアドバイザーです。
日ごろの接客も常に人に感謝する心、優しい心遣いを第一に勤めています。

そんな彼女にある出来事がおきました。それは4年前のことです。




彼女の弟さんは大病を患い、寝たきりの状態になりました。
現在も体が不自由な状態が続いています。

看病のために病院へ通う日々の中、親しくなった他の患者さんと接するうちに、健康のありがたさを痛感すると共に、少しでもつらい思いをして見える方々の力になりたいと思うようになりました。

AT128_L.jpg

SS161_L.jpg

また彼女自身も看病疲れか肩に痛みを感じるようになり、毎日の生活に支障をきたすようになってきました。

特にファスナーの上げ下ろしは大変苦労するものでした。
思い返してみると、来店いただくお客様の中に同じように腕・肩の痛みでファスナーの上げ下ろしに苦労して見える方がいることに気付きました。

弟さんのこと、そして痛みで苦労されている方々、
いつもお世話になっているみなさまに、何か私にできること・・・




そこで思いついたのが1本の仕付け糸と2つの釦でした。
たかだかファスナーの上げ下ろしのことですが、そんな些細なことでも、より多くの方に喜んでいただければ
との思いで
試行錯誤を重ね、誕生したのがこの「ファスルー」なのです。

ファスルー_製品.jpg

SJ047_L.jpg



ラブリークイーンのraison d'etre<レゾン・デートル>(存在意義)は「愛と感動で女性を美しくする」ことです。
愛とは、相手に関心を持つこと、感動とは、相手の期待を上回ることを実行すること。
そんな思いと感謝の気持ちをこの「ファスルー」に込め、お届けいたします。

ページの先頭へ